pagetop
ページトップへ

「伊賀忍者・ 甲賀忍者」が『日本遺産』に認定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Updated 2017/05/1

 この度、日本忍者協議会正会員である伊賀市と甲賀市が申請を行った「忍びの里 伊賀・甲賀 -リアル忍者を求めて-」が、『日本遺産』に認定されました。

 今回認定されたのは、伊賀市と甲賀市が持つ“リアルな忍者”が感じられる、魅力ある里の文化や伝統を語るストーリーです。今や世界中の多くの人々が忍者に魅せられていますが、その本当の姿はあまり知られておりません。しかし伊賀や甲賀を歩くと、今も里山には戦国時代を感じる城館が佇み、山々には忍者たちが修練の場とした山伏の行場があり、村々に祭られた鎮守の社は忍者たちが結集し合議の場として残っているなど、忍者の真の姿が浮かび上がるのです。

 日本忍者協議会は、今回の認定を足掛かりに、伊賀・甲賀をはじめ全国に点在する忍者にまつわる文化や伝統を活用し、オールジャパンとしてさらなる忍者文化の発信を行うことで、地域経済の活性化などに寄与していきたいと考えております。

伊賀忍者・ 甲賀忍者が日本遺産に認定 PDF